かくして政治はよみがえった 英国議会・政治腐敗防止の軌跡/犬童一男・河合秀和・高坂正堯・NHK取材班[日本放送出版協会]

 NHK的切り口というものがあって、前半に問題・現実の実態や断面を見せて原因に迫るところまでは迫力があるのに、後半の解決の提言になるとにわかに現実離れするというかトーンダウンするというか、結局は教科書的な物言いに終わる…というのがNHK的切り口で、本書もそんな風に終わるのだろう、何せNHK取材班だからなと期待せずに読んだがそうでもなかった。本書は1989年7月9日(参議院選挙公示後、投票日は7月23日)に放送されたNHKスペシャルの取材をもとに書かれたものだが、1時間という短い時間では省略されたであろう、問題の背景や経過やその後日談、また政治学者達によるバランスの取れた論考もあり、意外な良書であった。この4年後、日本では「政治改革」が熱病のように日本人を覆い、本当に政治改革を目指す者(小沢一郎羽田孜等)、政治改革に断固として反対するもの(野中広務亀井静香森喜朗等)、時勢に乗ったお調子者(細川護熙武村正義等)が乱舞する世にも恐ろしく面白い事が実際の政治に起こったのであるが、それに比べれば百年前(1883年)にイギリスで行われた政治改革は地味であまり面白味がなく、はっきり言えばほとんど参考にならなかった。「政治改革への抵抗はあったが、何とか成立した」「激しい議論の上に、成立した」としか書かれておらず、その裏にどんな妥協、恫喝、買収があったのかを調べていないからで、まだ日本の政治改革の方が、

①連立与党内の社会党造反による不成立

②細川首相と河野・自民党総裁による会談で急転直下の成立

 となり、その裏の連立与党側(細川・小沢)と自民党側(河野・森)の攻防が面白いのだが、それはそれとして、政治改革が行われた後もイギリスでは腐敗は絶えず、マルコーニスキャンダル(イギリス版リクルート事件)やポウルソン事件などが起き、その度に新しい腐敗防止のための法律が制定されるが、時代が変わり人々の常識やビジネスが変わればまた新たな腐敗が起こるだろう、それが民主主義というものだ、「民主主義は非常に悪い政治体制である、しかし、それよりマシな政治体制はまだない」のだから、と強調するでもなく淡々と述べているのが本書を良書たらしめよう。

 またイギリスが現在のような、日本からすれば極めて近代的で合理的で効率的な選挙運営を行うようになる(「イギリス人は疑いの目をもって日本を見るのに対し、日本人のイギリスを見る目は大変に好意的である」)には長い時間がかかった事も丁寧に解説がされている。かつては都市の有権者を手なずけるには買収が一にも二にも必要で(農村の有権者は地主有力者に対して従順であった)、選挙の日には有権者は立候補者にビールや肉の供応を求めていたが(「イギリス人は選挙の日だけが自由で、それ以外の時は奴隷になる」)、政党組織が充実するに従って選挙はロンドン中央本部-各選挙区の選挙事務所、党首-各選挙区の候補者による党営選挙が一般的になり、「地方のお偉方がちまちまと買収して票を集めるやり方」は非効率で、むしろ買収のプロの一部は政党の活動家となって「お互いに相手党の腐敗を監視する」となるのであり、欧米的な合理主義精神、「密猟者が森番になる」(日本風に言えば「泥棒が刑事になる」)もあり得る事が腐敗防止に役立つところなど非常に面白い。日本の政治改革が単なる選挙制度改革(中選挙区制から小選挙区制)に終わって約30年、結局は自民党という、欧米人からは理解できない「野党の政策でも何でも呑みこむ」「対立よりも妥協と先送りを繰り返す」政党と政治風土が続いていく中で、本書を繰り返し読み直していきたい。

   

 ある候補者が、教会の牧師に「票を売る事は倫理に反するという事を有権者に説教して下さい」と頼んだ。

 その牧師は、「票を売ったりして、政治を腐敗させるような人は、地獄に落ちますぞ」と言ってしまった。

 翌日、候補者は有権者の一人に、「どうでした、昨日の説教は。あれだけ言ってもらえば、だいぶ有権者の反応も違ってきたでしょう」と言うと、その人は、

「まったくその通りです。たちまち相場が上がりました。今までは、1票20ポンドでしたが、地獄に落ちるという牧師さんの説教を聞いてからは、地獄に落ちるのと引き換えなら40ポンドはもらわないと合わないと皆さん言っています」。

特別企画・10年の100冊 2012年~2022年

 突然ですがこのブログはこの世に生を受けた俺が生を受けさせて17年になります。2005年(平成17年)、当時22歳だった俺、兵庫県の片田舎で惰眠を貪っていた俺が何の迷いか始めて紆余曲折を経て39歳となった今でもこうして棲息しております。ツイッターもやってはおりますが俺にとって本拠地はこのラブコメ政治耳鳴全日記であり所詮ツイッターは第2ブログでしかありません(なので「ラブコメ政治耳鳴全日記・別館」なのです)ので、ツイッターをやめる可能性はありますがこのブログは俺が生きている限りやめる事はないでしょう。

 で、そんなライフワークたるブログにおいて最も力を入れている、というより結果的に長期に渡って続ける事になったのが「日本ラブコメ大賞」と「脱走と追跡の読書遍歴1001」でありまして、このうち前者の方は毎年12月にその意義を力説している(?)ので今回は省きまして、後者については、よく言えば読書感想文、はっきり言えば駄文の垂れ流し、つまり恥の垂れ流しでありますが、それはとにかく「1001」という数字は何か言えば文字通り1001冊やるという事であります。更に言えば読書後の所感を思いつくまま簡単に書くのではなく、本格的に書評のように或いは評論のように書こうと固く決意したのが10年前で、それから数々の波乱に満ちた面倒くさい人生を送って10年が経ったわけですがこの前やっと103冊が終わったところです。10年で103冊しか書いていないという事は残り900冊に90年かかるのか、そしたら俺は129歳まで生きろって事か、嫌じゃそんなもん、というか無理じゃそんなん、大体読んだ全ての本についてこの「脱走と追跡」に載せるためにいちいち長文の駄文を書く暇があったらもっと本を読むわいという事で実は読んではいるが一つ二つ読後感というか感想を書いただけのものがたんまりあるのでそれをどこかの機会に放出してやろうとも考えているわけですが、それはそれとしてですね、せっかく100冊を突破したという事なので振り返ってみるとやはり政局マニアらしく、

「YKK秘録/山崎拓(2018年8月11日)

「90年代の証言 野中広務 権力の興亡/五百旗頭真伊藤元重薬師寺克行」(2018年11月4日)

55年体制の実相と政治改革以後 元参議院議員平野貞夫氏に聞く/吉田健一(2022年1月2日)

動乱の時代を取材して 「政治記者の目と耳」 第6集/政治記者OB会(2022年1月30日)

闇将軍 野中広務小沢一郎の正体/松田賢哉(2022年3月6日)

 などといった、それぞれの時代の政局について書かれた本を読んでいる事がわかりますし、

「宰相の器/早坂茂三(2014年7月26日)

「それでも田中角栄は不滅である/内海賢二(2020年9月26日)

日本政治の決算 角栄VS小泉/早野透(2020年10月31日)

田中角栄中曽根康弘 戦後保守が裁く安部政治早野透・松田喬和(2022年6月15日)

 などの田中シンパの本に手を出して、俺が親田中角栄である事もわかります。

 とは言え生臭い政局ばかり読んでいるとそれはそれで視野が狭くなっていかん、もっと俯瞰的な近現代の歴史の本も読まんといかんという事で

山県有朋半藤一利(2013年4月27日)

ヒトラーの抬頭 ワイマール・デモクラシーの悲劇/山口定」(2015年3月7日)

「外務省革新派/戸部良一(2017年2月4日)

「一老政治家の回想/古島一雄」(2018年7月15日)

ソ連満州に侵攻した夏/半藤一利(2019年10月14日)

天皇 1945-1948/高橋紘(2022年3月20日

 なども読む事でバランスを取っております。

 一方でSF・ミステリーも細々とではありますが読んでおりまして、高校生の頃からSFは国内、ミステリーは海外という棲み分けを課しているので(海外SFや国内ミステリーを読まないというわけではありませんが)、SFだと

アメリカの壁/小松左京(2012年2月25日)

「講談 碑夜十郎(上・下)/半村良(2014年1月25日)

「銀齢の果て/筒井康隆(2014年7月5日)

 ミステリーですとパーネル・ホールの気弱な私立探偵シリーズの

「撃たれると痛い」(2012年9月22日)

「罠から逃げたい」(2018年3月21日)

「俳優は楽じゃない」(2021年10月2日)

 などを読む事で、生臭い政治・政局の世界を離れて気分転換を図っているわけですが、そうするともっとドロドロとした現実の下世話な話が読みたい、特に昭和40年代以降の週刊誌は庶民の下世話な野次馬根性を満たすには打ってつけという事で

週刊朝日 1972年7月28日号」(2014年1月18日)

週刊朝日 1984年12月21日号」(2015年8月29日)

週刊現代 1995年12月2日号」(2016年6月11日)

週刊ポスト1971年12月10日号」(2017年11月4日)

 などを結局は読むのでありまして、こうして整理してみると俺という人間の趣味嗜好がわかって面白いやら恐ろしいやらですが、その他にも図書館関係の本として

公共図書館の冒険 未来につながるヒストリー/柳与志夫・田村俊作編」(2018年5月20日

「レファレンスと図書館 ある図書館司書の日記/大串夏身(2020年8月15日)

近代出版研究 創刊号/近代出版研究所」(2022年5月15日)

 などを読んでみたり、純文学の

「耳の物語/開高健(2012年7月16日)

織田作之助 ちくま日本文学035」(2013年5月18日)

「ぼくたちの好きな戦争/小林信彦(2016年3月29日)

「鳳仙花/中上健次(2022年2月23日)

 などにも手を出しておりますので、やはり俺は立派な読書家、いや本格的な書評家であると言えましょう。そのため次の100冊もすぐに達成できる…のだろうか。また10年かかったりして。

強引で性急な組閣

 参議院選挙投票日の2日前に元首相にして最大派閥の長が殺害されるという恐ろしい事件が起こったが、その選挙で自民党は比例票において、3年前より6百万票(24百万票→18百万票)も減らした。しかし野党が分散してくれたおかげで改選議席過半数という勝利を得た。比例代表で6百万票も減らしているのだから、表では喜んでみせても岸田首相や自民党内は困っているはずである。

 岸田首相は宏池会というリベラルな系譜や「聞く力」のアピール、政策的には「新しい資本主義」による「アベノミクス」との訣別、更には池田勇人の「所得倍増」を思わせる「資産倍増」、大平正芳の「田園都市構想」をそのまま借用した「デジタル田園都市構想」などにより、自民党から安部的なイメージや清和会色を消す事に腐心した。もちろんそれによって安部が反発する事も考慮に入れての事である。たとえ相手が最大派閥の長であっても自分は総理総裁なのだから安部と互角に張り合う事はでき、総裁選挙は2年以上先(2024年9月)なのでお互いしばらくは様子見の状態が続くだろう、その間に安部が保守派などの「岩盤支持層」を繋ぎ止め、自分は「反安部」「非安部」側の支持を得ようとの魂胆が岸田には見え隠れしていた。ロシアのウクライナ侵攻に伴うロシアへの経済制裁等について、岸田がバイデン大統領に一にも二にも従うのはバイデンのライバルであり2024年の大統領選挙に出馬する可能性のあるトランプ前大統領と安部が繋がっているからである。そのため岸田はバイデン側につくしかないのである。

 その安部が思わぬ形で不在となり、岸田は「安部氏の遺志を継ぐ」と言ってはみたものの安部を支持していた層(いわゆる「岩盤支持層」)は離れ、6百万票を減らす結果となった。そのため岸田は「自分こそが安部氏の遺志を継ぐ」事を再びアピールするため「国葬」という手段に出る。戦後に「国葬」されたのは皇族を除けば吉田茂しかおらず、その吉田茂の場合も敗戦後に首相を長期間務めたという特殊事情がある。安部が首相在任期間で歴代1位だったとしてもそれが国葬の対象となる理由にはならないし、佐藤栄作田中角栄中曽根康弘国葬はされていない。首相在任中に死去した大平正芳でさえ国葬ではなく「内閣・自民党合同葬」である。それでも岸田が「国葬」を決めたのは、国葬という厳粛且つ国家的権威のある場面で「安部氏の遺志を継ぐ」と表明し、自分こそが安部氏の後継者であるお墨付きを得る事で、離れつつある「岩盤支持層」を繋ぎ止め、また自分以外の人間が安部氏の後継者として名乗り出る事を防ぎたいからであろう。菅前首相を副総理として起用するとの話が出たのも、菅氏が安部氏の後継者として名乗り出る危険性があったからである。

 しかし安部元首相殺害の背景が徐々に明らかになるにつれて、「民主主義に対する重大な挑戦」というような勇ましい話ではなく、旧統一教会という怪しい団体と自民党政治家の歪んだ関係がクローズアップされる。信者にマインドコントロール等の手段を用いて金を巻き上げ、その金を政治家に活用する事で個々の政治家との関係を作り、団体と政治家が共存共栄の関係となる事で団体自体は社会的な制裁から逃れ、信者や信者の家族が苦しむ一方という構図に大抵の国民は眉間に皺を寄せる。特に旧統一教会岸信介との関係から自民党清和会との関係が強固であり、閣僚にも旧統一教会と関係がある事が徐々に明らかとなり、それは内閣支持率にも影響しよう。党内第4派閥でしかない岸田派にとっては党よりも世論が頼りであり、この嫌な雰囲気を一層するためには内閣改造しかないという事で9月上旬に予定していたはずが一ケ月前倒しとなったはずである。また内閣改造に際して「国葬を難なく進める」などと言えば国葬問題を既成事実化できよう。

 つまり今回の内閣改造は旧統一教会との関係をとにかく早く断ち切りたい、また国葬についても説明や整合性はつかないがとにかくやってしまいたいという強引な組閣なのである。そして強引で性急なために、新しい閣僚もまた旧統一教会との関係がある事が早々に判明している。それがどういう結果になるのかは今後のお楽しみだが、それにしてもここまで野党の存在感がなく、党内が「安部」と「反安部」に分かれて与野党以上に対立している状態を目の当たりにすると、岸田の地位は全く盤石ではない事がよくわかる。

図書館雑誌2022年1月号・2月号・3月号[日本図書館協会]

20220730

 日本図書館協会。図書館の素晴らしさと大切さを日本全国津々浦々の人々に伝える、また図書館業界で働く全ての人達(司書他)が誇りを持って憂いなく働く事ができるよう様々な取り組みを行う団体…というのが表の顔であろうが、人の世の常として先立つもの、即ち金がなければ何もできないのだから、つまり図書館に潤沢に予算がつけられるか否か、つけられないならどこから調達するか、ボランティアは大いに結構だがボランティアは無償である、無償であることは責任がないという事である、その組織・団体から金をもらって働く者だからこそその組織・団体に対して責任が生じるのである。また図書館で働く人達、その中核であるはずの司書達の生活の保障はどうなっているのか。いまだに非常勤かそれとも指定管理者か。そんな人達のギリギリの努力で成り立っている図書館が生活のインフラたりえるのか市民の情報センターになりえるのか。何も変えず、何も変えられず、ただなんとなく惰性のまま文部科学省総務省の言う事を聞くのみか、それとも税金の使い道にうるさい世論に恐れをなして右往左往するのみか。

 そもそもどれくらいの人が「日本図書館協会」なるものを知っておるのか。誰も知らんだろう。だからここは一つ、知名度を上げるためにスキャンダルでもぶち上げてみたらどうだ。もちろん公金横領などの犯罪はまずいから、手っ取り早く不倫とかはどうだ。それもいかんか。ではソープランド好きとかはどうだ。この俺を役員にしなさい(年会費を払い続けてもう10年近く経っておる)。そしたら下世話な週刊誌に「コロナにも関わらずソープランドに通う非常識な〇〇は…」と書かれるだろう。そしたら俺は「なに図書館と言っても生身の人間ですからね。ソープランドぐらい行きますわ。堅苦しいばかりではいけませんよ、わははははは」と言ってやろう。想像するだけで楽しいではないか。わははははは。

 というわけで久しぶりに図書館雑誌について述べるが、コロナ禍とSNSの浸透を背景に「図書館系VTuber」の試みが紹介され(1月号)、全国図書館大会では「会計年度任用職員」が導入された事による実態が報告され(2月号)、常任理事会では「(図書館)協会に関与したくない人達が増えてきているのではないか」という危惧の意見も出され(2月号)、ネーミングライツ事業と図書館の事例が紹介され(3月号)、国会図書館のデジタルコレクションの著作権処理について、「序文に著者が謝辞として挙げた人名も著作者もみなし、又は著者が引用した論文も著作物とみなして、それらの著作権保護期間が満了しなければ、その本はネット公開されない」という、著作権の保護の側面を重視し慎重な判断を行う現在の運用について言及されている(3月号)のであった。図書館及び図書館周辺の、まさに業界の動向がわかり、また図書館や本などにのみ限定して話す事、専門的な用語を使う事が当然であるという編集側と読者側の暗黙の了解が読み進めるほどに心地よいが、しかしその心地よさに安住すると「世間は図書館についてわかってくれない」、でも「こうして多くの仲間達・同志達がいる」から「色々あるけど皆で頑張れば何とかなるだろう」となり、「何とかならなくても、ここにいる仲間達・同志達なら理解してくれるだろう」「愚痴を聞いてくれるだろう」「傷の舐めあいもできるだろう」…でぬかるみ状態に陥っていく危険性も大いにある。図書館の実態、いわゆる「三現主義」(現場・現物・現実)がしっかりと機能している事は認めるが、しかしそれを踏まえてどうするつもりなのだ。或いは圧力団体として、行政府や政治に圧力を加え、自分達の望ましい方向に政策、もっと露骨に言えば税金を獲得する活動をしていかなければならないはずだ。俺はまだ期待しているので年会費を払い続けるつもりである。

夢探偵/筒井康隆・編[光文社]

20220626

 まず「夢探偵」というタイトルがいい。夢はそういう、ミステリアスでエキゾチックなものなのだ。我々が夢の内容を探偵するのか、それとも夢自身が探偵となって我々を探ろうとしているのかはとにかく、人間は必ず夢を見るのだ。どんなに合理的で効率を重視する人間にだって夢は降りかかる。つまり人間とはミステリアスでエキゾチックな存在なのである。

 それにしても、俺も色々な夢を見てきた。39年も生きてきたのだから当然だが、あまりにも破天荒、あまりにも壮大、あまりにも意味不明な夢を見た時には起きた直後に書かずにいられないから書き残す事もあるが、字にするとどうも違う気がする。夢を見た時のあの恐ろしさ、悲しさは言語を超えた何かなのだ…と思っていたがそうではなかった。巻末の「夢の検閲官」によれば、夢は圧縮されて提供されるだけで、圧縮する前にははっきりとした意図がある。言わば自分から自分へのメッセージだが、夢は道徳家であるから、検閲されるのである。とは言え、変えられた夢の内容が別の種類の不道徳になってもそれはそれというのがまた面白い。人間とはそういう矛盾した存在であるからな。

 そんなわけで本書は夢にまつわる思い出話、単に夢の内容を記録したもの、夢に関するおとぎ話、といった片時も飽きる事のない良書で、編者の才能を考えれば当然であるが、せっかくなので俺がよく見る夢について分析してみよう。大体3か月~6か月に1回は見る夢(夢A)と1年に1回は見る夢(夢B)があって、夢Aは遅刻する夢であり、その時の俺は高校生か大学生である。これも細部は色々なパターンがあるが、この前見た夢だと俺は高校生でまだ実家に暮らしている。起きたら8時を過ぎていて、今から家を出て自転車に乗って駅から電車に乗って、向こうの駅に着いてそこからまた(無料駐輪場に置いてある)自転車に乗って行けば遅刻は確実である。しかしそこでの俺の反応は様々で、単に狼狽する事もあればタクシーに乗っていけばいいと軽く考える事もあれば、とりあえず高校に行くふりをして図書館や本屋で時間をつぶせばいいと考える事もある。或いは俺はもう社会人になっているのだから何で高校に行く必要があるのかと考える。そして目が覚めるのであって、目が覚めた後は「ああ、またあの夢か」と少しの疲れと少しの安堵を味わうのである。疲れは「遅刻した」事の後ろめたさによるもので、安堵は「もう高校に行く必要はない、なぜなら俺は社会人になっているのだからその気になれば体調不良とか言って好きに休む事ができるのだ」という開き直りである。この夢は俺が高校・大学と地味で何の輝きもない日々を送り世間一般の青春を送る事ができなかったという後悔と、それにもかかわらず今は社会人として一応は立派に暮らしてるし、しかも世間一般の輝く青春を送る事のできた奴よりも気楽に好き勝手に暮らしている(東京で独身一人暮らし)事の優越感が発現したものであろう。「タクシーで行けばいい」「図書館や本屋で時間をつぶせばいい」と考えているところが我ながら余裕たっぷりではないか。

 一方の夢Bだが、その時の俺はたぶん子供だろうがはっきりとはしない。いつものように実家の団地のエレベーターに乗り、俺は8階のボタンを押し、団地は14階建てであるが、そのエレベーターは14階より上に行くのである。その時も「あ、しまった」と思う時もあれば「あ、またか」と思う時もある。そして14階より上の屋上に出る事もあれば、何とかして14階か13階で降りて事なきを得る場合もある。この夢は子供の頃から長い事見続けていて、最初は14階より上に連れていかれると思うと怖くて仕方なかったが、大学生くらいからは怖いというよりは「面倒くさいな」「また厄介事か」としか思わないようになった。そして目が覚めるのである。これは数々の理不尽な、というより面倒くさい厄介な病気などに見舞われてきた自分を励ましているのか、或いはもっと面倒くさい厄介な病気がやってくる事を教えようとしているのかわからない。しかし1年に1回は必ず見るのだから、何かあるのだろう。

 しかし…起きている間はずっと考えているラブコメや政治・政局の事は夢には一切出てこないのだから不思議だ。俺の夢の検閲官はかなりしっかりした人間? のようだ。