本のリストの本/南陀桜綾繁・書物蔵・鈴木潤・林哲夫・正木香子[創元社]

本のリストの本

本のリストの本

 

  生活や仕事で必要となる以上の本を読む人、いわゆる「度を越した読書家」「本の虫」「書痴」等々、言い方は色々あるが、そういう種類の人が世の中には一定数いるわけだが、そういう人達が本を読むスピードがべらぼうに早いわけではない。ごく一部の特殊な人だけが次から次へと本を読む事ができ内容を頭にインプットできるのであって、それ以外の大部分の人達にそんな能力はなく、且つ働いているのだから、一日で一冊か二冊読むのが関の山である。しかしそういう人に限って次から次へと本を買う。読んでいない本(積読本)が家にたんまりとあるのに性懲りもなく本屋や古本屋に行って「面白そうだ」「何となく気になる」「昔買ったかもしれんが家のどこにあるかわからんのでとりあえず買っとけ」等々の理由で買うのである。

 しかし本屋古本屋で買うのは所詮は視界に入った範囲のものであって、視界に入らなかったもの、或いは売り切れ・絶版になったもので「面白そうだ」「何となく気になる」「昔買ったかもしれんが家のどこにあるかわからんのでとりあえず買った方がいい」本があるのかもしれない。そのため「度を越した読書家」「本の虫」「書痴」は新聞・雑誌に紹介されている本をチェックしたりメモしたりするが、それらは新刊に限定されているから片手落ちである。新刊ではない、場合によっては絶版になっているもので、しかし「面白そうだ」「何となく気になる」「昔買ったかもしれんが家のどこにあるかわからんのでとりあえず買った方がいい」本が世の中にはあるのである。「度を越した読書家」「本の虫」「書痴」はなぜかそう信じている。そのため「好きな作家の著作を全て読む」ためにその作家の全著作リストを見るのであり、「好きなジャンルや分野、興味のあるジャンルや分野の本を全て読む」ために関連する書誌・年鑑等を見るのである。

 そのようにして「度を越した読書家」「本の虫」「書痴」は、「本のリスト」にどことなく愛着を覚え、次第に色んなリストを見たい気もしてくる。「好きな作家の愛読書」や「落ち込んだ時に読めば気分が晴れる本」といったオーソドックスなリストもいいが、もっとニッチでマイナーなリスト、或いはこれまでにない切り口のリストも見てみたい。そうしてまだ出会っていない、しかし「面白そうだ」「何となく気になる」「昔買ったかもしれんが家のどこにあるかわからんのでまだ出会ってないのでとりあえず買った方がいい」本がある事を知れば、「度を越した読書家」「本の虫」「書痴」は喜ぶのである。

 というわけで前置きが長くなったが本書は「度を越した読書家」「本の虫」「書痴」にとっては実に楽しい本であった。「名曲喫茶に積まれていた本のリスト」「新潟県を舞台にした文学作品のリスト」「本好きの子供、そして大人も一緒に読みたい本のリスト」「(戦時中に)国が価格設定した古本のリスト」「戦前の新聞雑誌全てのリスト」等によって、面白そうだ、何となく気になる、或いはそういうテーマだから出会う事ができた本が載せられており、ワクワク感がたまらない。またそのリストの背景にその人の人生の一部分が投影されている場合もあり(「ランボーがアフリカで母親にせがんだ本のリスト」「戦没学生達の手記に残された本のリスト」等)、本と人が長い年月をかけて築いてきた信頼関係の強さを感じる事ができよう。本は所詮、本でしかないのに、その選択の前提、手法、或いは思い入れによって、リストに載った時に魅力的に輝いてしまうのである。何とまあ不思議な事だが、それが本と人がここまで共存共栄できた理由なのだ。「〇〇に関する本のリスト」…いい響きですねえ。

   

 というわけで俺も「私を作った十冊の本たち(リスト)」を作ってみました。高校・大学時代以来繰り返し読んでいる本で、①②が政治、③~⑤が筒井康隆及びSF、⑥~⑨がラブコメ、⑩がその他です。

①「田中角栄VS竹下登鈴木棟一講談社講談社+α文庫)

②「小説 吉田学校」「小説 永田町の争闘」戸川猪佐武角川書店(角川文庫)

③「脱走と追跡のサンバ筒井康隆角川書店(角川文庫)

④「虚航船団」筒井康隆、新潮社

⑤「SFアドベンチャー徳間書店

⑥「ふたりエッチ」克・亜紀、白泉社(JETS COMICS)

⑦「聖凡人伝」松本零士小学館小学館文庫)

「みゆき」あだち充小学館(少年ビックコミックス)

⑨「ストップ!ひばりくん!!」江口寿史双葉社双葉文庫

⑩「三四郎夏目漱石角川書店((角川文庫)

辞任の理由

 権力者は強くなければならない。そうでなければ側近や味方が離れてしまうからであり、政敵にやられてしまうからであり、また国民から支持されないからである。病気を抱えながらでは同情を誘う事はできるかもしれないが、国民の生命と財産を託すに足る人物とは映らない。そのためもし病気であれば徹底的に隠さなければならず、現在の政権とひ弱なマスコミの関係では隠す事は容易にできるはずである。しかし安部首相は白昼堂々、2回も物々しく病院を訪れた。これでは健康不安をわざわざ印象付ける事になるが、そこが政権側の狙いである。7年以上に渡り政権を握り、任期が残り1年を切ろうとしているのに経済は落ち込み、アメリカのトランプ大統領が再選されなければ外交はより一層難しくなり、史上最低の首相となる可能性がある。しかしそれら失政による辞任ではなく病気が理由の辞任であれば自分のダメージは少なくなり、次期政権は「本格政権」ではなく「緊急避難の政権」となるのだからスムーズに自分の政権と同じ路線を継承させる事ができ、状況によっては影響力を行使する事ができよう。そのため健康に不安があるように見せ、「病気なのだから辞めるのも仕方ない」という世論を醸成する事に力を注いできた。

 しかしながらこんなに早く辞めては影響力どころではない。これではいかにも重い病気という印象を国民に抱かせ、この先もし回復する事があっても、「またいつ再発するかわからない」人間に再び権力の座を与える事は不可能に近い。という事はそれほどまでにひどい状態にあるかもしれない。しかし第一次政権の時と違って辞意表明後も入院する事はなく執務可能だという。という事は体力面ではなく気力面での問題が辞任へと導いたと考えるのが自然である。

 安部政権は「やっている感」を出すばかりで成果がないというのはなるほどその通りだが、より正確に言えば、国家の行く末を左右し、且つ政治的な判断が必要となる課題については何もしてこなかったという事である。自身が言ったように拉致問題北方領土問題も憲法改正も今後の日本の運命を左右する大きな政治課題であり、それらは見事に宙ぶらりんの現状維持のまま終わったが、一方で安保法制や消費税増税東京オリンピックや、最近で言えば「GO TOキャンペーン」等の、アメリカや官僚や利権がらみの団体が積極的に動く政策については実現させているのである。言わば反対されるリスクを恐れ、国論を二分する論争に乗り込む勇気はなく、祖父・岸信介のような自主独立の気概はなく、ただ「官邸官僚」やその他側近たちに任せた政権運営を行っていたのであり、それでも非力な野党に助けられ選挙で負ける事はなかった。

 ところがコロナ禍にそのような手法は通用しない。憲法改正に勝るとも劣らない難しい政治課題が押し寄せるが、アベノマスク配布にしろ閣議決定した支給金の変更にしろことごとく失敗に終わる。そしてそれらは現状維持で宙ぶらりんのままにするわけにはいかない。森友、加計、桜を見る会、河合夫妻の買収容疑、等の問題は官僚に忖度させ関係者を買収すればいい話だが、ウイルスには通用しない。コロナさえなければ2020年の東京オリンピックに合わせてアベノミクスの成果を世界中にアピールし、在任記録が憲政史上となったところで「禅譲」等の次の一手を考える事も可能だったはずであるが、その目論見が崩れたのである。

 東京オリンピックは1年延期であり2021年7月時点であればまだ安部首相の任期内だが、今やこのコロナの猛威が1年以内に収束するとは誰も思わない。これから冬になればいよいよインフルエンザがやって来るのであり、東京オリンピックのための金と人手をコロナ対策に振り向ける事を国民は要求するであろう。それらに対して、「大きな政治課題を宙ぶらりんにしておく」政権が対応できるわけがなく、またその気力ももはやなくなったのであろう。だから辞任の理由は病気云々ではなく、そもそもが国民の生命と財産を任せるに足る首相ではなかったから辞任する事になったのである。

レファレンスと図書館 ある図書館司書の日記/大串夏身[皓星社]

レファレンスと図書館 ある図書館司書の日記

レファレンスと図書館 ある図書館司書の日記

  • 作者:大串 夏身
  • 発売日: 2019/11/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

  何度か書いたが高校生の頃は司書になりたかった。なぜかと言うと図書館でただ本の整理だけすればいいと思ったからで、そのために大学は司書課程のある大学を選び、実は俺は司書資格を有している。とは言え「ただ本の整理をすればいい」などというおいしい労働はない。図書館情報学等の教授達は「図書館は市民のための情報サービスセンター」「司書は、膨大なデータから即座に正確に取捨選択して利用者の要望に答える」「何よりもパソコン、コンピューター、ITのスキルと知識がなければならない」「利用者とは、努めて明るく社交的に接していかなければならない」、等、等と繰り返し繰り返し述べられた。俺はすっかりやる気をなくした。更に個人的な体験、夜間部なのに司書課程の単位を取るために昼間の講義に参加し、夜間部とは違うリア充的雰囲気を間近で見せられた事も重なって嫌になった。嫌にはなったが単位だけは取った。そして単位を取りさえすれば「司書課程を有する」証明書がもらえるというのも違和感があった。

 そうして今では図書館情報学で何を学んだかもすっかり忘れてしまっているが、そうは言っても現在区立図書館・市立図書館等で働く人達が図書館情報学を身につけた専門家とは思えない。先日もめったにない事であるが相談カウンターに行って、俺が「NDCの…」と言ったら指定管理者のおばはんは「NEC?これ(パソコンを指さして)は東芝です」と言った。やばいなと思いながら、

俺「オーストラリアのですね、歴史を書いた本をですね、探してまして」

おばはん「あー…えー…『オセアニア史』の中にありますね」

俺「あの、オセアニアの下に、あるわけでしょう、オーストラリアが」

おばはん「そうですね」

俺「いや、つまり、NDCの270の下に、271か272か」

おばはん「そのNDCと言われますのは…。ああ、分類記号の事ですか」

 一体どうなっているのだ、何のために俺は日本図書館協会の会費を払っていると思っているのだ。

 取り乱したが話は変わって本書である。東京都立中央図書館の相談係だった作者による日々のレファレンスの質問・回答の記録であり、利用者の質問と言ってもそのほとんどは曖昧な質問、自分で調べるのは面倒くさいから図書館に調べてもらう気満々な質問、そもそも何が聞きたいのかもよくわからない質問、などであり、それに対し数々のツール(図書目録、索引、名鑑、辞書・事典・辞典、新聞記事データベース、雑誌記事データベース、他)を駆使して対応する司書(作者)の努力は仕事とは言えなかなか辛いものがあるが、しかしこれぞ「市民のための情報サービスセンター」の仕事であり、失敗談も多く載せる事でこの仕事の幅の広さ、奥深さを体感する事ができよう。「書架番号や分類番号を案内してもメモを取らない人が結構いる。戻ってきて、なかったと苦情を言う人がいるとこちらが謝るほかないが、謝ったあとよく聞いてみると、聞き違いか、忘れたか、とんでもない書架や番号のところに行っている。メモは渡した方がよい」「所蔵していると聞いて、パッと電話を切ってしまい、息せき切ってやってきて書架を探したがない、調べてみると区市町村立図書館へ貸出中となっていた事がわかって、電話をかけた時は何も言わなかった、不親切だ、という人がいる」「忙しい時はつい簡単にすませてしまえと書名カードに走っていくが、意外と時間がかかる。急がば回れで、マニュアル通りに手順を踏んで処理した方がよい」等、等、図書館司書という仕事はただ黙々と本を整理する仕事ではなく、なかなかスリリングで刺激的だという事がよくわかる。

 また巻末の対談での「レファレンスというのは利用者さんとの関係だから。利用者さんが『うん、いいよ』と言ったらそれでおしまい」など図書館情報学的な教科書では語られない事だが、その通り次から次へと相談係の元に質問が来るのだから利用者が納得すればそれでいいのであり、また市民のサービスセンターではあるが有料相談所ではないのだからやはりそれでいいのである。そうして市民が自由に無料で情報を取捨選択する事によって様々な物事を判断する事ができるのが民主主義たる所以なのであり、図書館はそのための大事な機関なのである。それを意気消沈していたあの頃の俺が知ったならば、或いは本書をあの頃の俺が読んでいたら、今の俺は図書館司書は無理としても図書館関係の仕事へと進んでいたのかもしれない。

性魔訶不思議/石濱淳美[彩図社]

 そうは言っても多くの日本人にとって、セックスとは後ろめたい事である。少子化がこれだけ深刻になり、高齢化がこれだけ深刻になっても、なお生活におけるセックスの問題は日本では話題にしてはならないものである。しかし作者は92歳(2006年当時)の産婦人科医でありその道60年の権威として、そんな世間の風潮などどこ吹く風で淡々とその弊害を指摘する。性がタブー視され、性に関する情報も乏しく、性教育がなされていない事によって人生を謳歌できなかった人々が日本には多くいるが、それはあまりにももったいない事である、と。

 そもそも人間は健康であれば死ぬまで飯が食えるし、セックスもできるのである。「人間はいつまでセックスができるか」という質問は「いつまで飯が食えるか」と同じくらい馬鹿げた質問であって、歯が少なくなったり食欲が昔ほど旺盛ではなくなっても飯を食う事はできるのであるから、セックスについても工夫さえすれば何歳であってもできるのである。動物にとっては生殖こそがセックスの目的であるから、生殖機能がなくなればセックスがなくなるどころか生命そのものがなくなってしまう。しかし人間にとってセックスとは生殖だけでなく情動行為としての「ふれあい」「情緒安定」「安らぎ」も目的としている。実際、セックスには脳を活性化させ人間そのものを若返させる効果がある。またセックスはストレス解消の最良の方法でもある。人生八十年、百年時代と言うのならば、生活の中のセックスの問題を解決しなければ、老人は無味乾燥な生活の中でただ老いていくだけでないか。

 という事が産婦人科医によって淡々と書かれているのが本書であり、俺は気に入った。さすが一つの道を極めた人の書く言葉は説得力がある。それに長年に渡って患者と接してきた経験が文章に味わいを与えている。人間はセックスや性欲と上手に折り合っていく事ができる稀有な存在なのであり、それを過剰に抑圧したり、徹底的に無視したり、或いは商業的な扇情さだけを取り出しているから苦しむのである。「独身男女の性欲拡散用のロボットを開発したらどうか。そうしたロボットを抱いて寝るだけで、性犯罪の何割かは減るのではあるまいか」「若者の性犯罪やストレスによる暴力行為を減らす役にも立ち、よっぽど有益なはずだ」「セックスは情緒安定やリラックスに最大の効果がある行動なのだから、このストレス全盛の時代において、その効果を有効に引き出していかなければならない」等、等、味わい深い言葉で書かれた本書を是非皆さんにお薦めしたい。そしてもっとセックスに励む事だ。我々は動物ではなく人間なのだからな。

 

 なぜ最近はこんなにセックスレスが増えているのだろう。昔から日本では俗に二十代は二日に一回、三十代は三日に一回、四十代は四日に一回、五十代は五日に一回などと言われており、三十代の夫婦では一週間に三回はセックスをしているものと考えられていた。

 セックスの中枢である脳が、パソコンやインターネットなどの急激な普及でストレスを受け、やられてしまったのであろうか。或いは近年騒がれている環境ホルモンの影響もあるのかもしれない。先進国の男性の精子数は減少しているらしいから、そのような事も関係し、セックス回数が減っているのであろうか。いずれにしてもセックスレス夫婦が増えている事は事実であり、これはゆゆしき事である。

 今や日本は一億総ストレスの時代と言われているが、このストレスこそが脳の性中枢を直撃し破壊するのである。ストレス解消のためのセックスをする以前に性中枢が破壊されていては、どうする事もできない。

   

 痛みに耐えながら続けなければならないセックスなど、女性にとって苦痛以外の何ものでもない。挿入を焦ったりせずに、潤滑ゼリーを用いてみたり、或いはいつもより時間をかけて刺激しあえば、性交痛は軽減されるはずだ。お互いを労わる気持ちが根底になければ、いつまでも「大人のセックス」をする事はできない。

 

 男は月給に支配され、女は月経に支配される。

テレワーク、カノジョの宅配便、第2波

2020年4月〜



   


   

   

   

   

   

2020年5月〜

   

   

   

   

   

2020年6月〜